気になる部分のほくろ除去|跡の残らない施術法で除去しよう

美容整形

取り除く方法

整形手術

ほくろ除去の治療には、切除する方法とレーザー照射で取り除く方法が一般的です。見た目を綺麗な仕上がりにしたいならレーザー治療を選ぶと良いでしょう。色が濃い他にも大きいほくろ除去は、数回に分けて丁寧に除去すると跡が目立たないです。

詳細を読む

ほくろの除去方法

顔を触る人

医療機関でのほくろ除去の治療法は、黒色に反応するレーザーの照射、CO2レーザーで蒸散させる方法、外科手術で取り除く方法などが選択できます。黒色に反応するレーザーは麻酔の必要がなく傷跡が残りにくいのが特徴です。CO2レーザーはほぼ全ての種類のほくろを、一度の照射で完全に除去できるのが特徴です。

詳細を読む

ほくろの悩みを解消する

笑顔

でき方次第ではトラブルに

泣きぼくろなどという言葉があることからも分かるとおり、ほくろはできる場所によってはその人の外見を魅力的にすることがあります。その一方で、顔にほくろがあるばっかりに年齢よりも老けて見られてしまうといった現象も起こります。でき方次第ではチャームポイントにもコンプレックスにもなるという、ある意味不思議な存在であると言えます。そもそもほくろは、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を含んだ細胞が1か所に集まることで形成されます。ほくろの形成には紫外線や衣服の摩擦等の外部刺激などが関わっていると言われていますが、ほくろのまったくない人がまずいないことを考えると特異な現象ではなく人間の身体にとってごく当たり前の存在だと考えられています。とはいえ、冒頭にも述べたとおりほくろが悩みの種になっている人がいることも事実です。できる場所、数、大きさなどによっては外見上の美しさを損ねてしまうケースも少なくありません。現在では、ほくろを取り除くためのさまざまな治療技術が開発され、実用化されています。やり方によっては、まったくといっていいほど跡が残らないものもあります。美に対する意識の高まりにつれ、今後はほくろを治療の対象と見なす考え方が一般化していくものと考えられます。

除去方法はさまざま

ほくろ除去の治療は総合病院の皮膚科や美容皮膚科・美容外科などのクリニックで行っています。どこを受診しても構いませんが、ただ1つだけ注意すべきことがあります。それは悪性腫瘍との関連です。通常のほくろはすべて良性ですが、まれに悪性のものがあります。短期間に急激に大きくなったほくろや足の裏にできたほくろなどにはその疑いがあります。このような場合は組織検査のできる体制が整っている医療機関を選ぶようにします。現在行われているほくろ除去治療は主として3つあります。1つめは外科手術によってほくろを切除し、跡を縫合する方法です。これは保険適用が受けられる場合があります。2つめは電気を使った治療です。これは高周波を用いた電気メスでほくろをくり抜くようにしてほくろ除去を行うというものです。実施している医療機関はそれほど多くありませんが、通常のメスによる切除よりも跡が目立ちにくいという特徴があります。3つめは、レーザーを使ったほくろ除去で、美容クリニックでの導入例が多い治療法です。レーザーを照射することでほくろを焼灼し、新しい細胞組織への生まれ変わりを促します。比較的小さなほくろの除去に適しており、治療時間が非常に短くて済むという特徴があります。

取るか取らないか

若い人

ほくろはその人の魅力や印象を決めるだけでなく、縁起担ぎにも一役買っているのでほくろ除去の前に取っても良いほくろか確信することも必要です。また、大きさや状態によっては取っても跡が残ることもある為、治療は医師としっかり相談したうえで最適な方法が選べるようにするべきです。

詳細を読む

ほくろの診療

レディー

ほくろ除去の治療に要する費用は担当医や病院によって異なります。健康保険適用の条件に該当するか否かがポイントです。ほくろ除去を受ける場合には、各治療のデメリットも押さえ、後悔のない選択をする注意が必要となります。

詳細を読む

Copyright© 2016 気になる部分のほくろ除去|跡の残らない施術法で除去しようAll Rights Reserved.