気になる部分のほくろ除去|跡の残らない施術法で除去しよう

にっこり

ほくろの診療

レディー

保険適用の基準は様々です

ほくろ除去は、通常美容皮膚科や美容外科、一般皮膚科などの診療科で行われる治療です。比較的大きな総合病院でもこの手のほくろ除去には対応しており、受診する際の選択肢は増えています。ほくろ除去の場合には、概して保険が適用にならないというイメージがあります。ですが、実の所こういった適用の際には一定の基準があり、診療を担当した医師の見解や病院側の態勢によって費用は大きく変わってくるのが常です。例えばある病院では、ほくろの大きさによって保険適用になるか否かが決まります。盛り上がりの有無や色もこういった判断の参考になる要素です。悪性が少しでも疑われる場合や、本人が病気を心配している場合には、基準外のほくろでも保険でカバーされることが考えられます。このような判断は、担当医によって行なわれるのが通常のスタイルです。他の美容医療と同様に、ほくろ除去の場合にも美容目的で行なう場合は自費診療となるのが一般的です。一方、何らかの治療目的であれば3割負担でほくろ除去を受けることも可能となります。外科手術かレーザー治療かによっても、このような適用の有無が変わってくるのがほくろ除去治療の複雑な点です。従って、正確な費用を知りたい場合は、直接病院に問い合わせるのがベストと言えます。

方法の違いを把握します

現在広く行なわれているほくろ除去の治療では、大きく分けて二つの方法が挙げられます。ほとんどの病院で対応出来るのが、一般的な外科術によるほくろ除去です。こういった治療では、メスでほくろの部分を切り取り縫合します。後に抜糸が必要になるため、通院期間もある程度かかる方法です。こういった治療方法には、概して健康保険が使えることが多いですが、病院によっては1ヵ月に除去出来るほくろの個数に制限が設けられています。従って、複数のほくろを治療したい場合は翌月以降に手術を延ばさなくてはならないのが厄介な点です。より負担が少なく傷跡も残りにくいのが、炭酸ガスレーザーによる治療です。この治療を受けるためには専用の機器が設置してある病院を選ぶことが求められます。レーザー治療には実際様々なメリットがありますが、健康保険が使えないのが難点です。このようにそれぞれのほくろ除去治療には、それぞれデメリットも存在します。ですので、治療を受ける際には様々な面から十分に考えてみる注意が大切です。再発率の高さや治療後の皮膚状態などにも目を配ると、総合的な判断が出来ます。ほくろ除去は病院を受診する前の時点で、早めに方針を決めておくのがポイントです。

Copyright© 2016 気になる部分のほくろ除去|跡の残らない施術法で除去しようAll Rights Reserved.