気になる部分のほくろ除去|跡の残らない施術法で除去しよう

にっこり

ほくろの除去方法

顔を触る人

ほくろの除去方法の種類

顔にあるほくろや、大きく目立つほくろは誰しも除去してしまいたいと思う悩みの種と言えるでしょう。ほくろ除去を行いたい場合は、専門の医療機関での除去治療が可能です。現在ほくろ除去の治療法として、黒色に反応するレーザー照射での除去、またCO2レーザーにより削って除去する方法、そしてほくろを外科手術で切り取る方法など様々な治療法が選択できます。黒色に反応する代表的なレーザーが、Qスイッチレーザーとロングパルスレーザーの2つです。まずQスイッチレーザーは平らなほくろの除去の際に大変効果的なレーザーとされています。盛り上がったほくろの除去の際には、CO2レーザーの蒸散治療と組み合わせることで除去が可能となります。また蒸散治療を併用することで施術後のへこみを目立たなくすることが可能です。次にロングパルスレーザーは高い出力の為熱の広がりが大きくなりますが、色が薄いほくろを除いた、ほぼ全てのほくろの除去が可能です。これらのレーザーでの治療のメリットが、ほとんどほくろ除去後の傷跡が残らないという点です。またレーザー照射時はゴムで弾かれたような軽い痛みを感じますが、照射時に瞬間的に感じるだけで痛み続けることはなく、表面麻酔も必要としません。

CO2レーザーでの除去法

ほくろ除去の方法として1つとして、CO2レーザーで蒸散させる治療法もあります。細胞の水分にのみ反応する特殊なレーザーをほくろに照射することで、ほくろ全体を蒸散させ削りとる治療法です。レーザー照射後はほくろがあった部分がへこんだ状態になります。約10日前後でへこんだ部分は皮膚が再生して目立なくなります。CO2レーザー治療の手順は、まずほくろが悪性でないかの診断を行います。診断で良性と確認できたら、局所麻酔を行いCO2レーザーの照射となります。治療の時間は約5分ほどです。小さいほくろの場合は除去後軟膏の塗布を行い、比較的大きなほくろを除去した場合は創傷被覆材テープでの保護が必要となります。除去後、ほくろがあった部分は傷が塞がった後もうっすら赤みを帯びるケースもありますが、数日経つと自然に消失していきます。CO2レーザーは平らなほくろはもちろん、盛り上がりが激しいほくろの除去も可能です。またQスイッチレーザーやロングパルスレーザーでは除去が困難とされる、色が薄い茶色系のほくろの除去も可能です。また黒色反応のレーザーは数回の照射が必要なのに対し、CO2レーザーは一度の照射で、ほぼ確実にほくろを除去できる点が大きなメリットと言えます。

Copyright© 2016 気になる部分のほくろ除去|跡の残らない施術法で除去しようAll Rights Reserved.