気になる部分のほくろ除去|跡の残らない施術法で除去しよう

にっこり

取るか取らないか

若い人

役割の内容

ほくろは色素性母斑と言い、メラニンの塊と言えます。先天性のものもあれば、紫外線を浴びたり何らかの刺激によって起きる後天性のものもあります。急に大きくなったり、盛り上がったりすると癌の可能性もあるので病院で診てもらう必要がありますが、通常は良性のもので誰でも出来るもので、加齢とともにどんどん増えていくものでもあります。色は薄い茶色のそばかすのようなものもあれば、真っ黒いものもあります。ほくろは体中色々な場所に出ますが、目元に出来る泣きぼくろや口元のほくろなどはその人を魅力的に演出する役割も持っていたり、人相判断にも一役買っていたりします。鼻にほくろがある人はお金に困らない人生が送れると言われ、おでこの中心にほくろがある人は良い人生を送ることが出来ると言われています。このように、取らない方が印象を良くしたり、縁起担ぎとなっているほくろもあるのでほくろは何でも取っても良いというわけではないんです。自分にとっては見た目的に気になるようなほくろであっても、あえて取らないことで良い人生が送れるのならそのほうが良いこともあります。ほくろ除去を考えるのなら、その前に一度とっても良いほくろなのか確認することも大切です。

大きさや部位で方法が違う

ほくろ除去するといっても、ほくろは大きいものもあれば小さいものもありますしそれぞれ大きさが違います。また、出来る部位もそれぞれ違う為治療方法も変わってきます。大きなほくろの場合や血流が多い部位の場合はメスなどでくり抜いてほくろ除去する治療が適しています。血流が多いということはそれだけ皮膚の再生や回復が早くなるからです。逆に、腕や背中など血流が少ない部位の場合は、くり抜いてしまうと自然に皮膚が戻らなくなるので、切開して縫合するほくろ除去の治療が向いています。盛り上がったタイプのほくろ除去の治療にはほくろの表面を瞬間的に凍らせて焼く治療が適していると言われています。小さめのほくろやそばかすのような薄いほくろなどには一般的にレーザーが使われます。レーザーを使ってほくろの表面の組織を削っていくというものになります。自分にどんなほくろ除去の治療があっているのかは、担当医やカウンセラーに見てもらうことで決まります。小さなほくろの場合もそうですが、大きなほくろの場合は特に、ほくろが取れたのは良いものの、ほくろよりも大きな跡が残ってしまったり、皮膚の表面が陥没してしまうこともあります。むやみに取れば良いというわけではないので、医師としっかり相談したうえで最適な治療法を選ぶべきです。

Copyright© 2016 気になる部分のほくろ除去|跡の残らない施術法で除去しようAll Rights Reserved.